父の日にギフトを贈ろう【感謝と気遣いの現れ】

ありがとうを込めて

男性

お疲れ様のプレゼント

長く勤めた会社を退職する時は本人にとっても感慨深く、周囲の人々から見ても“人生における1つの区切り”だということが分かるでしょう。そう考えると定年退職贈り物はどうしようか、何がふさわしいかと迷ってしまうのもうなずけます。定年退職贈り物において覚えておきたいポイントはいくつかあります、まずひとつはプレゼントのタイミングです。通常、定年退職贈り物は送別会や歓送迎会のときに渡すものですが、個人で渡すときには周囲の人がいないようなタイミンで渡すのがベストといえます。また、定年退職の時期としては3月が最も多いため、プレゼントによっては注文してから届くまでに時間がかかってしまうことがあります。送別会の日程に合わせて早めに注文したり、注文数が限られているものは避けるなどの工夫が必要でしょう。こちらもわかりにくいポイントですが、定年退職贈り物にはのしをかけて渡すのが一般的です。デパートなどでは「退職祝いなのですが」と伝えれば、適切なのしを選んでくれるでしょう。自分でメッセージを入れたい場合には、感謝や御礼といった言葉がふさわしく、逆に御祝や餞別といった言葉は避けたほうが良いといえます。最後に抑えておきたいポイントとして、あまりにも重量があるものやかさばるものはふさわしくありません。持ち帰ることも考え、重量がある場合は宅配にするといった心遣いも必要です。有終の美という言葉もあるように、最後だからこそ気を引き締めてプレゼントを選びたいものですね。

Copyright© 2018 父の日にギフトを贈ろう【感謝と気遣いの現れ】 All Rights Reserved.